音を切り刻み再構築し、独自の音を生み出すグラニュラーシンセPolџGAS (フリー) | DIGLOOPS

2019/12/19 11:21


グラニュラーシンセシスとは、
「シンセサイザーの波形合成方式の一つ。 元の音を数mSec~数十mSec程度の非常に細かな粒子(グレイン)に分割し、再配置する事で新たな音を合成する。 (こちらより引用)」
方式のことですが、
そのグラニュラーシンセシスを使ったフリーのグラニュラーシンセ、VSTプラグイン、PolџGAS をご紹介します。




◼️主な仕様
・32同時発音数
・WAV , AIFFファイルの8,16,24,32bitに対応、ステレオ/モノ 両対応
・グラニュラーシンセシスをエディットするパラメーターは、18のエンベローブを搭載(各エンベローブに最大40のノード)
・グラニュラーシンセシスのパラメーターをランダムにコントロールすることが可能
・Cutoff , resonanceをコントロールする一般的なフィルターを搭載
・エフェクトはディストーション、ディレイ、リバーブを搭載
・MIDIコントロールをサポート
・Windows 32/64-bit (XP, Vista, 7, 8, 8.1, 10)をサポート

◼️ダウンロードサイト