クレイジーなサウンドを生み出すプラグインGlitch 2の使い方 | DIGLOOPS

2021/06/15 12:13

今回はクレイジーなサウンドをサクっと生み出すプラグイン、Glitch 2をご紹介します。

簡単にどんなプラグインか、一言で言うと、
「ビートに合わせて、細かくエフェクトを切り替えて、普通じゃない!音が作れるプラグイン!」
って感じでしょうか。

Cubase使っていて、Loopmashを使ったことがある人ならイメージしやすいかと思いますが、
そんな感じです。。。

まずは ↓  でドラムループにGlitch2をかけた時のサウンドを聞いてみましょう。 


Glitch2には、以下のエフェクトが内臓されており、これをビートに合わせて細かく切り替えたり、
ランダムに鳴らしたりしながら音が作られます。
・Modulator
・Tape - Stop
・Retrigger
・Reverser
・Stretcher
・Lofi
・Distortion
・Gater
・Delay
・Shuffler

あまり他ではみかけない効果のエフェクトもありますが、
基本的にはその名の通り、という感じです。
単体で聴いてみるとなんとなく、どんなエフェクトかイメージがつくと思います。

各エフェクトはプラグイン画面下タブを切り替えると
細かくパラメーターを設定することができます。

デフォルトでPROGRAMのプリセットがいくつか入っている為、
まずは、プリセットをいろいろ切り替えてサウンドを聴いてみると、
このプラグインの面白さがわかりやすいかと思います。

MIDIトリガーにより、エフェクトの切り替えも可能です。
いろいろ使い倒してみると、独自の奇妙なサウンドができあがるはず!!
おすすめです!

※ 無料のデモ板ではプログラムデータの保存はできず、定期的にノイズが入ります
◇ダウンロードサイト




 楽器の買取なら【タカミツ楽器】
   ↓査定はコチラから↓