2020/11/30 13:06



今回は、初心者DTMerにありがちな間違い3選として、
DIGLOOPSが独自に考える、DTMer初心者の間違い(勘違い)についてまとめてみました!

1. 音楽理論が必要


あなたがどんなジャンルの音楽が作りたいか??にもよりますが、
例えば、ダンスミュージックであれば、DAW付属のサンプル並べるだけで、それっぽい曲は作れます。
サンプル選ぶのに、音楽理論は不要です。耳で聞いて、気持ちよければOK!ぐらいの感じで良いです。
POPSを作りたい場合、多少コードの知識が必要ですが、
簡単なコード進行だけでも、POPSは制作可能です。
また、楽器meなどのコード共有サイトで適当な曲のコード進行を
そのまま引用したり、キーを変更する形でもある程度のPOPSは作曲できます。
音楽理論はほぼ不要です。

【それでも音楽理論を学びたい!って人におすすめ】マンガでわかる! 音楽理論

2. 素敵なメロディが天から降ってくる

ほとんどの音楽家が楽器を適当に弾きながら、適当なコードを鳴らしながら、
その音やコード進行からインスピレーションを受けてメロディを作り出します。
素敵なメロディがぱっと思いついて、そこから発展させるより、
まずはコードを適当に弾いて、そこからメロディを発展させる人の方が大半だと思います、
なので、DTM初心者は素敵なメロディを天から降ってくるのを待つより、まずは何か音を鳴らしてみましょう。

【やっぱり天から降ってきたメロを逃したくない!って人におすすめ】ボイスレコーダー 小型 icレコーダー ペン型

3. DTMにはお金がかかる

これはある意味正解ですが、ある意味間違いです。
まずDTMerにとって大事なのは情弱にならないことです。
極端に言うと、パソコンだけあれば(入力はステップ入力か、PCのキーボード使って)、DTMは可能です。
DAWも、無料のDAWがあります。


プラグインや、サンプル音源も探すと沢山無料のものがあります。
もちろん、有料なものは、有料なりのクオリティ、使いやすさなどがありますが、、
とりあえず、お金ないけどDTM始めたい!!という人は、PCだけあれば、あとはフリーソフトで揃えるなんてことも可能です。

というわけで、いきなり高価なDAWソフトや、機材類を買うのは心配・・・という方は、
フリーソフトだけで始めてみる!というのはいかがでしょうか??

【それでもやっぱり有料DAWがいい!って人におすすめ】Ableton Live10 Standard 通常版 エイブルトン

いかがでしたか???「作曲」というとすごくハードルが高く感じますが、
DTMで意外と簡単に始められます!まだ始めてない方はお気軽にDTMライフを始めてみてはいかがでしょうか??